タイヤ空気圧チェックランプ点灯|GRS191, GS350,レクサス

レクサスGSのタイヤにはタイヤの空気をチェックするセンサーが組み込まれています。

これはタイヤのパンクを確実にドライバーに警告できるシステムなので素晴らしい!

しかしホイールを変更するとそのセンサーも移設または新設して専用機で登録する必要があり、この手順を無視するとメーターにオレンジ色の警告灯が点灯し続けます。

タイヤの空気に関する異常を確実に警告できるシステムなんです。


今回の車両は購入時にホイールが社外品に変更されており、警告灯が点きっぱなし。

空気圧センサーが組み込まれていませんでしたので、新たにセンサーを準備して密閉容器に封入し擬似的にタイヤ内部のこのセンサー周辺の環境を作ります。

※この方法は破裂など大変危険を伴うので万が一は外科行きの覚悟か、経験のある業者に任せることをお勧めします。ほんとに。



そして専用機でこのセンサー情報を車両CPUに登録すると完了です!


これで今後はホイールを変更しても警告灯は点きません。

パンクが検知されたときは製作したセンサー容器にエアを充填します。

実際のタイヤのパンク検知ができなくなりますが、それよりも今回はスタッドレス用ホイールなどホイール変更の自由度を優先したいご要望でした。



ありがとうございました。

 

3steps-autoの在庫車両こちら。(カーセンサー)

https://www.carsensor.net/shop/aichi/320759001/stocklist/


3STEPS-AUTO

愛知県瀬戸市穴田町610-1

https://www.3steps-auto.com/

国産車やBMW,MINIについてお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

車検・点検、各種整備や診断機などで警告灯の対応、専用ソフトを使用して

コーディングなどご提供しています。














閲覧数:1,814回0件のコメント