KFエンジンの分解

以前、ブローして載せ替えになった車両のブローしたエンジンを分解します。

オイル管理の悪さが故障原因とわかっていましたが実際どうなっていたか確認します。

・・・

各部オイル焼けしていますしスラッジも総量でコンビニの三角おにぎり1個くらい取れました。

クランクシャフトの油路は直径1mmを下まわります。

当然詰まっていました。

バルブのスラッジも硬く高く積もっていましたので圧縮不良でしたし、

タービンにも回っていたでしょうしタービンブローから始まってどんどん調子を崩したエンジンは最終的にパワーを失いました、ということと推測します。

エンジンオイルだけは価格よりも頻度を重視して管理したいものです。


閲覧数:22回0件のコメント