top of page

R56 エンジンチェックランプ点灯修理 #4


なんど見てもバルブタイミングは正常です。


意味がわかりません。

DME?

いやいや、それはないない・・・それは最終手段。


残りはタイミングチェーン、次にカムシャフトの油路。




色は悪いけどチェーンガイドはやはり不具合なし。

ガイドが割れたのは取り外し時に触った為。

これでオイルパンも外すことになりました…


チェーンのピンを合わせて

下側で5~7mmのずれ。

一般によく言うチェーンの伸びですが、自分は伸びではないと考えています。

軸と軸穴の摩耗によるガタの積み上げによる位置ずれですかね。

こんな鉄板が伸びるのはやばいっす。

だから摩耗かな、と。


この時点でタイミングチェーンではないと思いつつも



直れば良いなぁと思いつつ



理屈的には直るわけないのでチェックランプの再点灯にショックを受けないように

心の準備をします・・・




そして

自分のミスの責任を取るためにオイルパンを外します。

うう・・・・



ストレーナーに異物の付着なし。

やっぱガイドに問題ないじゃん。

俺正しかったじゃんと誰が誰にいってんのかわからない感じで慰めます。


そして、試運転。


続く。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page